積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

エキストラ体験

小学校1年生の時、学芸会で鶯学校の先生の役をした。

舞台の上で緊張して立っている自分の姿と、見ている人たちが大笑いをして楽しんでいた光景を覚えている。

「死ぬまでにやりたいことの一つ、一度でいいから画面の中に入ってみたい」そんな話をしたら、「エキストラにいけば?」と教えてもらった。

 

去年と今年、今秋上映の映画「鯉のはなシアター」と「恋のしずく」2本にエキストラで参加した。

 

恋のしずく」はオーディションがあり、こういう場にも人生で初めて参加してみた。

地域で撮影されるということで、高齢の方から小学生までたくさんの方が来られていて、会場に入ったとたん「しまった!場違いなところに来てしまった!」と緊張してしまった。

12人ぐらいのグループが次々舞台に上がって、監督からの指示に従うのだが、「こりゃ無理だ、どうしよう、でも来たからにはその場に溶け込まないと・・・」と、前のグループがやっていることを見て予習して、演技?してきた。

びっくりしたのは監督がすぐそのグループの人たちの名前を覚えていかれる事!

やっぱり記憶力がないとこういう世界ではやっていけそうにない。

この日の会場だけでなく、ほかでもオーディションされていて、遠方からも来られていたようだ。これをきっかけに映画や芸能界に入って頑張りたいと思う人たちもおられるのだろう。

こういうことが日本中いろんなところで行われていて、その中で活躍していく人たちはほんの一握りで、やっぱり大変な世界なんだと実感できた一日だった。

この募集に申し込んだ人たちに、後日実際の撮影日で行ける人の呼びかけがあり、近場の撮影に私も申し込んだ。

10人ぐらいのエキストラ参加があり、待ち時間がずーっと、ずーっと続き、私の年齢では少々くたびれてしまったが、こんな経験はもうないだろうと、朝から夕方まで頑張った。

エキストラは、初めて顔を合わせた人たちで、時間がたつにつれいろんな話をした。

もう次に会ってもわからない、会うこともないだろう、そんな気持ちも働いたのか、話す時間がたっぷりあったからか、しょうもない話でも、今まで人に思いっきり話すことがなかった話ができた。

日常は、どこか話す相手や状況・時間など何かで、心にブレーキをかけている。

相手の方がじっくり聴いてくださったからか、この時間がとても幸せで、人生の中でこんな一日が持てたことがとってもうれしかった。

冒険だったけれど、ご褒美をいただいた気がした。

 

これに味を占めて、「鯉のはなシアター」も近場で撮影ということで、エキストラ募集に申し込んだ。

これは「風景としてそこにいる」というのではなく、演技をしないといけなかった!!

めっちゃ疲れた!!

日常しない事だもの。

「私、大丈夫?」と思いながらこの映画見てきた。

頑張っている顔が、ちらっ、ちらっと映ってた。

冥途の土産になった。

きっと向こうで親にあったら、「あんたおかしなことするのぉ」って笑うことでしょう。でも、カープの映画に出たと言ったら喜んでくれるだろう。

 

そして「恋のしずく」、私が参加した場面は、カット!

残念!

でも、映画よかった。

今人生の選択に迷っている人、思い悩んでいる人、見てほしい。

悩んでいる過程をお互い信じて支えあう友人を持てたら、財産だよね。

 

「鯉のはなシアター」は上映終わったみたい。ブログに書くのが遅くなった。

 

 

 

 

 

銀杏

うちの近所に大きな銀杏の木が2本ある。

バス通りから木の上のほうが見えていて、この季節は黄葉の色づき具合を見るのが楽しみだ。

今はまだ葉が緑だ。

買い物に行く途中、散歩がてら回り道をして木のそばを通ってみた。

びっくり!!

たくさんの実が落ちてる!!

毎年この季節ぶらぶらこの辺りを歩いているけれど、実が落ちている時に出くわしたことがない。

以前から落ちている実を拾う人がいると聞いていたので、いつも拾って帰られた後なのかなと思っていたし、葉が緑のときに実がついているか気にして見上げた事もなかった。

なのに今年は根元にたくさん落ちている。

見上げるとまだまだ枝にたくさんの実がついている。

はぁ~、この景色初めて見た。

実を拾おうとしゃがんだら、ちょうど通りかかった人に「素手で触りんさんなよ。かぶれるよ」と教えてもらい、事なきを得た。

その方曰く「今年の実は小さいけぇ、誰もとらんのじゃろう。いつもは梅の実ぐらいの大きさになる」そうだ。

今年は猛暑だったからだろうか。

「来年はダメかもね~」とまたほかの通りかかった人からの発言。

拾ったら土に埋めたり、川にさらして料理するらしい。

銀杏はオスとメスの木がないと実がつかないと聞いていたので、この2本はそうなのかと思ったら、これは2本ともメスの木で、近くにオスの木がなくても、結構離れた距離でもオスの木があったら実がつくそうだ。

オスの葉はズボンをはいたような形、メスはスカートをはいたような形、それで見分けるんだと、これもこの方から教えてもらった。

実の収穫日ではなく、知識の収穫日になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「AI」問題

最近「AI」という文字を目にしたり聞くたび気になって、これから先世界はどうなるんだろう、人間の生活はどうなんだろう・・・。「AI」にできない仕事は?なんて考えたりしているのだが、先日映画を見た帰り、気がついた。

演技はできないよね??

また、見る側の人に何かが届くように作品を作り上げていくこと。これは無理だろう。

 

もしも「AI」が映画を作り、舞台上で演じる事ができたとしても、見る側がそこに感情移入できるだろうか。

映画や舞台で、普段登れないような高い山にのぼったり、空中で危険な演技をするのを見て恐怖感を味わったり、自身では経験することのないような出来事や経験したくない出来事に立ち向かっていく役者(AI)さんを見て、忘れていた感情や蓋をしていた感情がふっとよみがえって涙したり、日常ではありえないと思うようなドタバタに大笑いしたり、そんな人の心をつかむようなものが「AI」に作れるかしら。

自分と同じ「人間」が頑張って、いい作品を作ろうと努力している、そのバックをも見る側が受け取るから感情移入するし、感動するのだと思う。

だからこの分野では「AI」にとってかわられるというのは無理なんじゃないかな。

 

そんなことを先日映画を見た後、考えていた。

それにしてもこれから先どうなっちゃうんだろうね~なんて不安は消えない。

 

そうしたら今日の読売新聞に「読解力  AIに負けないカギ」という記事があった。

数学者・新井紀子氏の著書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)が大きな反響をよんでいるということだ。

「「読解力」の向上こそが、AI に駆逐されず人生を切り開けるカギだ」そうだ。

私の中の「AI」問題に解答が得られたようで、すっきりした。

 

本屋さんとか行くと子ども向けのプログラミング教育本とかたくさん出ていて、「AI」を使いこなせる人間を育てる事に教育全体が向かっているのかななんて素人ながら感じていた。

英語教育も早期になってきている。

日常的に英語の歌やテレビ番組など英語があふれている時代なのだからそれはそれで理解はできる。

でも日本語は大丈夫なのかな。

そこがちょっと心配だった。

私自身、「私文章がちゃんと読めてない」と気が付いたのは大人になり放送大学に入ってからで、もっと読解力が身についていたら、難解な本もすらすら読めてスピードを上げてたくさん楽しくいろんな本を読んでこれたのかななんて思う。

子どもたちを鍛えてほしいな。

読解力、国語は大事。

これは昔から言われてきたことだけれど、「AI」という存在から、改めてこれらの力の必要性に気づかされたということだろうか。

子どもたちには、楽しいもの、悲しいもの、怒りを覚えて一緒に立ち向かっていける勇気をもらえるようなもの、そんな豊かな文化芸術を作り出せる大人に育ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フェイクニュース」テレビと映画で

昨日と先週放映のNHKドラマ「フェイクニュース」、おもしろかった。

フェイク記事と気づかず、それにのって、自分も人に拡散・・・。

「知らぬうちに加担していた」なんてことあるかもしれない。

 

映画「Search」を見た。

行方不明になった娘を探すため、娘のパソコンから、SNS,YouTubeなどから交友関係を調べ、犯人を捜していく。

観客は映画を見ているのだけど、パソコン上の画面がずっと映し出されていて、その画面の中で検索が行われていく状況を見ていることになる。

そこでも誰かが操作した画面に惑わされることになるのだけれど、父親はパソコン上で真犯人をつきとめていく。

パソコン上の画面であっても、それがいきる形で家族の歴史や関係も描かれていて、最初から画面にくぎ付け、最後まで目が離せなかった。

最近見た映画の中で、これはおもしろかった。

いろんなツールを使えば簡単に人をだましたり、惑わしたりできる世の中で、真実を見極める目、勘所、これを鍛えていかないとと思う。

これもAIが解決していくのかな。

 

 

 

 

 

映画「日日是好日」

中年以上の評価が高いらしい。

樹木希林さんが出ているという事で話題にもなっている。

撮り方がきれいだった気がした。

 

今は夏なのにとか、冬なのにとか、近年季節の変わり目がよくわからなかったりする。

掛け軸、茶碗一つで季節が感じられる生活っていいなと思った。

せめて家の中、しつらえに少し意識していきたいものだ。

 

昔お茶は少し習っていたことがあるのだけれど、どうも あの"静"が自分には間が持たなくてやめてしまった。

歳をとって、今からなら続けられるかな?

主人公は、学生時代にお茶に出合って、それから25年ずっと続けている。

「○○とともに歩む人生」

○○のある人がうらやましい。

 

 

女優 樹木希林

女優樹木希林が亡くなった。

連続テレビドラマに出て、郷ひろみと歌を唄っていた頃、身体の動きが軽快でユニークな人だなと思っていた。日常生活はいろいろ大変そうで、ワイドショーをおもしろく見ていた。

客観的に見ていたのに、大きく印象が変わったのは、映画「あん」を見てからだ。

「この人は、マジ、本物、ちょっと違う」

それからいろいろな媒体に登場するたび、注目して見ていた。

そこで語られる言葉や文章、文字、絵、自らデザインされた洋服や作品、記憶にとどめておきたいものばかりだった。

昨日の告別式で述べられた是枝監督の弔辞も、娘の也哉子さんが喪主代理で挨拶で語られた言葉も、樹木希林さんを反映されたような、飾りではない嘘偽りのない言葉に、身内でもないのに泣いてしまった。

「おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい」

「死ぬ時ぐらい好きにさせてよ」

樹木希林という小石がぽとっと私の心に落とされて、静かな水の輪が広がる感じ。

社会にも水の輪が広がって、どこか遠くから変化が起こってくるかもしれない。

心からご冥福をお祈りします。

 

 

 

カープリーグ優勝!!

生みの苦しみ・・・・

今日こそは、今日こそはで、ついにさっきリーグ優勝を果たした!

おめでとう~!!

リーグ優勝3連覇!

27年ぶり地元での優勝!!

広島は熱いよ~

いざ、明日は優勝セールに出陣じゃ!