積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

人に褒められると

この間NHKテレビ「あさイチ」に瀬戸内寂聴さんが出演していた。

「人に褒められると鬱にならない」「楽しいことを考える」

鬱になりそうで、人に褒めてもらいたくて俳句の本を出したそうだ。

 

ずーっと「人の評価ではなく、自分が納得・満足していたらいい」と自分に言い聞かせてきたけれど、単純に誰かに褒めてもらおうと行動するのは楽しいかも。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

小学校の制服

新聞やテレビで「東京区立小学校、標準服が最大8万円」という話題を見た。

びっくり!!

子どもが扱うにはちょっと大変そう。

体操服に着替える時とか、親としては「乱暴に扱わないで~」と願いそう。

校長先生が「服育」という言葉使っていた。

狙いは何だろう。

服を乱暴に扱うなという意図もあるのだろうか。

??がいろいろあって、考えているうちに、20年ぐらい前の事を思い出した。

 

よく、よその国の話を持ってくるなと言われる事がある。

しかし、ちょっと書きたくなったのでご容赦ください。

 

我が家の子どもたちが小学生の頃、一年弱アメリカに住んでいたことがある。

体操服なし、給食袋なし、給食用エプロンなし、上靴なし、絵具道具、書道道具、裁縫道具なし、みんなお揃いという状況なし。

体操は、上着を脱ぐぐらい。

「清潔」という点で見ると決して万事こっちがいいとは言わない。

 

しかしこの状況を知って日本の生活を振り返ったとき、「日本の子どもたちは大変だ~」と思った。

毎日いろんな道具を持ち歩く。

一人ずつが「自分の道具」を持っている。

教科書以外にずいぶんお金がかかっている。

そろそろ、学校に常備し、共有して、補充していくぐらいでいいんじゃないかな。

 

動きやすい服装で過ごし、汚れたり、汗をかいたら、健康のため、身体を清潔にしておくために「着替える」。

小学生の間は、こういうことを教えていくことが「服育」じゃないかなと思う。

的外れな展開でしょうか。

お許しを~

 

余談ですが、5年生だった子どものクラスの担任は、2人いた。

午前と午後に分けて担当していた。

日本人の母親の一人が言っていたが、「一人の先生と相性が合わなくても、もう一人の先生で救われる」。

なるほど!

学期末の懇談では、両方の先生から通訳を通して子どもの様子を聴くことができた。

日本だと長い話にならないよう10分くらいで区切られているけれど、30分くらい、しっかり聴けた。

1対1で向き合うのではなく、ざっくばらんな感じで、日本では味わえない感覚だった。

私が通訳を通してしか理解できないから、細かいことはすっ飛ばして聴いていたからかもしれないが、こんな雰囲気いいなぁと思ったことは覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

テレビドラマが終わって

楽しみにしていたテレビドラマ「女子的生活」や「This is us 」が終わった。

「女子的生活」は後々までも話題にのぼりそう。性の問題を超えて、目線が広がるような気がした。

「This is us 」は、家族みんなの"思いやり"に胸がきゅんとなるところがいろいろあった。

最後「え!ここで終わり?」って感じでしたが。

 

テレビドラマ「女子的生活」

NHKドラマ「女子的生活」主演は志尊淳。

トランスジェンダー役を演じている。

この人の名前は、以前不動産関係のドラマに出演していた時に見つけて、変わった名前だなと思っていた。

でもどの役をやっているのかわからなくてもやもやしていた。

名前を先に知った人だ。

その後、植木等の付き人役時代の小松政夫を演じていたのを見た。

最近はこのドラマ以外でも見かける。

 

このドラマおもしろい。

自分がどう生きていくか、先が楽しみ。

 

 

 

 

孤独・ひとりぼっち

今日の読売新聞「人生案内」、50代男性からの「ひとりぼっちで孤独な自分に悩んでる」という相談に対し、鷲田清一氏が回答を寄せている。

「ひとりぼっちと孤独は同じではない」そうだ。

そして、「選んだ孤独はよい孤独」というフランスのことわざを紹介されていた。

 

どんなにまわりに友人知人がいても「孤独」を感じることはある。

たまたま「ひとりぼっち」になることもある。

「ずっとひとり」ってこともある。

たまに「孤独」を楽しみたいときもあるし、さみしさのあまり「うわぁ~!」って泣きたくなる時もある。

 

いろんな「時」があるが、いつも「ひとり」を楽しむ方法を考えている。

 

誰とも話さない日が多くなってきている。

たまに信号待ちで話しかけられたりすることがある。

たいてい年配の人で、もしかしたらその人たちは普段話すことがなくて、外に出たとき誰かに話しかけたくなるのかもしれない。

若い頃は話しかけられてもそっけない返事しかしていなかったと思うが、今はそれにお付き合いできるようになった。

そんなひと時を楽しんでいる自分がいる。

「ひとり」の時間の中で、たまに起こった出来事を楽しもう。

2018年最初のブログが「孤独・・・」か~。

 

 

今年の映画

今年は今までの中で最多、たくさんの映画を見た。

30本以上になると思う。

近場5か所の映画館を、レディースデイや映画の日、招待券などいろいろやりくりしてめぐって見ている。

題名だけ見て、どんな内容だったっけ?と思い出さないものもあるし、すぐにワンシーンや、音楽が頭に浮かぶものもある。

寝てしまってもったいなかったな~というのもあるし、見なくてもよかったんじゃない?っていうのもある。

すべて、行ってみないと分からないわけで。

今年思いがけずよかったな~と思ったのは、「じんじん~其の二」

ちょっと寅さんを思い出させるような映画だった。

 

自分で車を運転して、映画館を回れるのもあと何年か。

あ、そうか!

シルバー料金になればいつでも行ける。

でももしかして、そのころに「シルバー対象年齢を引き上げます」なんてことになったら困る!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

今秋のドラマ

この秋から始まったドラマが続々と最終回を迎えている。

 

BS103でやっている「男の操」前回は泣いたね~。

主役の浜野謙太が唄う演歌は耳に残るし、娘役の粟野咲莉、上手!!

これ、次回最終回です。

 

フジテレビ「明日の約束」最終回の井上真央演じるスクールカウンセラーが、学校を去る日に生徒たちに語った言葉「生きるために逃げる」、あのシーンよかった。

現代のいろんな問題を、うまくスートーリーの中に組み入れてあったなと思った。

 

BS103「This is US 36歳、これから」 白人夫婦の間に三つ子で生まれたが、一人はすぐ亡くなり、そのとき捨てられていた黒人の子どもがもらわれて3人が育っていく。36歳になった3人の現在と、子どものころの出来事を織り交ぜながらドラマは進んでいく。

どこの国であっても家族の感情は一緒だなと思う。

グッとくるところがあって、はまっている。

 

テレビ朝日トットちゃん!」黒柳徹子さんの人生はユニークですね。

毎回の衣装が素敵!

これも欠かさず見た。

明日が最終回かぁ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする