積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

気づき

「おさなごの  雪はらう母  傘軽し」

小学校1、2年生の頃、下校途中雪が激しく降り出した中、一人で傘をさして帰っていた。その日はあまりにも雪がひどくなってきて、心配になったのだろう。

傘をさして、下を向いて歩いていると、母がぱっと傘を持ち上げて積もっていた雪を払ってくれた。手にもらった傘が軽くなっていて「わぁ!かる~い!」って、口に出したかどうか覚えてないが、普段母が迎えに来てくれることなんてなかったし、凄くうれしかったことを覚えている。

 

その母が先日亡くなった。

兄が母と同居していて世話をしていた。

母に認知症の疑いが出てきたのは、10年以上前だったと思う。

最近は週に5日デイサービスに通っていた。

歩行が難しくなって、夜中のトイレで2回ぐらい付き添うようになり、尿漏れが起きるようになって紙パンツを使うようになったのは最近の事だ。

特に手が必要になったのは最近、とはいえ、夜中に冷蔵庫のものを食べたり、薬の管理や、徐々に徐々に兄にかかる負担は大きくなっていた。

兄が60歳になったとき、仕事を辞めた。

おそらく自分がずっと看ようと覚悟したのだろう。

時々、「全部抱えなくても・・・」と言ってみても、「自分は仕事してないんだから大丈夫だ」と言い、「口出すな」と怒られた気分になって家に帰ったことがある。

「兄のために」ということが私の一方的な思いで、兄にとっては迷惑な言葉だったのだろう。

泣けて泣けて仕方なかった。

たぶん私がいけなかったのだろう、でも何が間違っていたのか、「兄の事を思って言ってるのに」とずっともやもやしていた。

少し前、新聞に「母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記」(松浦晋也 著)が紹介されていた。

これを読んで、ようやくもやもやの原因がわかった。

今の状態に至るまで10数年、ずっとそばにいて母を看ていたのは兄だ。

いちいち口に出しては言わないけれど、いろんな出来事があっただろう。

この本を読んでいて、「そういえば、あんなこと言ってたな」とか、「こんなことあったな」とか、いろいろ思い出した。

何年間もの日々をすっ飛ばして、経験者ぶって「あなたのために」なんて、腹が立つのは当たり前だ。

生意気な私に気づかせてくれて、「わかったか!」とカツを入れて母は逝ったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

映画「エルネスト」

先月旧日本銀行広島支店で、キューバ音楽の話と生演奏を聴く機会があった。

青空を突き抜けるような、まっすぐ遠くまで声が届くような気持のいい歌とキューバの楽器演奏だった。

エルネスト・チェ・ゲバラの紹介や、この映画の撮影風景など展示があった。

この映画は、チェ・ゲバラと出会い、ボリビアでの戦いに挑む日系二世が主人公の実話だ。

この主役を、オダギリジョーが演じている。

日本での撮影以外、日本人はオダギリジョー一人。

会話にまったく違和感がない。

この映画、たくさんの人に見てもらえるといいな。

 

シネマ歌舞伎「四谷怪談」

2016年に上演された「四谷怪談」を映像化されたもの。

舞台上はいったいどうなっていたのか、現代の群像劇と歌舞伎の世界がかぶさって、違和感なく溶け込んでいる。

音楽もしゃれている。

照明の当て方がきれい。

不思議な映像だった。

 

 

「徹子の部屋」

テレビ番組「徹子の部屋」は、スタートした時から楽しみに見ている。

毎回衣装が素敵で、いろんな分野の人が登場し、話がおもしろくて好きな番組だ。

1、2年前広島で「徹子の部屋」の巡回展があって、ゲストがいつも座っているソファに座って写真を撮ってもらったことがある。

楽しい思い出だ。

 

10月6日の「徹子の部屋」ゲストは、脚本家の大石静さん。

10月からスタートしたテレビドラマ「トットちゃん」の脚本を書いている人だ。

会話の中で、黒柳徹子さんが「人生は信じることから始まる」「人の不幸は人を疑うことから始まる」「人を疑うところから、人の不幸は始まる」聞き間違えていたら、ごめんなさい。

こんな話をしていた。

ズーンってきた。

確かに~。疑ってばかりいたら何もできない、前に進まない。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

映画「ドリーム」

昨日の10月1日は映画の日、日曜日と重なっていたからか、この映画の評判がいいからか、満席が続いていた。

評判通り、骨太な、パワフルな映画だった。

1960年ごろのアメリカ、NASAで働く黒人女性3人の実話をもとに作られた映画だ。

当時のアメリカ社会の最先端を行く職場で、個人の能力の前に人種差別が意識しないまま横たわっているその中で、自分を信じて力を発揮していった女性たち。

涙がじわ~ん。

 

 

広告を非表示にする

テレビドラマ「コード・ブルードクターヘリ緊急救命」

昨日が最終回だった。

このシリーズの途中から見始めたのだが、❝マジ❞な感じが良かった。

俳優さんたちの演技もよかった。

「人生の大事な選択を人任せにしないで・・・」

このセリフは、医師が、生存の見込みのない妊婦の夫に対して語った言葉。

他にも自分だったら、どう判断するだろうと考えさせられるシーンが多かった。

次々と的確な判断をしていかなければならない救命医療の現場を描いたドラマ、だから、❝マジ❞な作りがピッタンコ。

 

映画「君の膵臓をたべたい」

その日の気分で見る映画を決めることがある。

映画館で泣きたいなと思って、「君の膵臓をたべたい」にした。

正解。なんか・・・・、泣きました。

過去と現在との場面転換、いったりきたりが気にならずスムーズで良かった。

現在の友人役(北川景子)のあのシーン(まだ見てない人に申し訳ないので)も、自然でよかった。

この原作本、読んでみようかな。