積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

映画「この世界の片隅に」

第二次世界大戦前後、広島の、江波から呉へお嫁に行ったすずの日常を描いた作品だ。

すずの声を女優のんさんが演じている。

観終わって、涙で胸がいっぱいになった。

のんさんの声がすずさんにピッタリ合っていたと思う。

いろんなところに、いろんなツボがあった。

 

昨夜の月はスーパームーン、地球と月の距離が満月としては68年ぶりの距離まで近づいたそうだ。

残念なことに広島は雨で見えなかった。

次に今回の距離が近づくのは、18年後だとか。

2034年11月26日

この世界はどうなっているだろう。

どんな日常を送っているだろう。

 

 

 

 

 

 

戦争と平和

NHK海外ドラマ「戦争と平和」(全8回)が終わった。

有名な作品なので一度は読んでみたいと思いながら、根性がなく読破できていない。

映像がついてくるとありがたい。

空の映像とか、静けさとか、印象的だった。

最後の回で、主人公ピエールが家に帰って眠りから覚めて、空腹ですぐ食事に手を出したところで、はっと手が止まり、ゆっくりチーズ(?)をほんの少しずつ、かみしめる。

気持ちが伝わるシーンだった。

 

 

広告を非表示にする

『白い犬とワルツを』

「白い犬とワルツを」テリー・ケイ著  兼武進訳

1990年アメリカの小説

81歳の老人が妻をなくしたあと白い犬を見かけるようになり、犬との生活や友人、子どもたちとの交流を、日記の形式を混ぜながら老人自身が癌で亡くなるまでの話だ。

1995年単行本で出版されたとき話題になっていたが、自分には遠い話と思っていた。

10年ぐらい前、読んでみたらと勧められた時は私自身が本と近い状況で、読む気にならなかった。

身内に心配される老人の日記を読むと、おじいちゃんもこんな気持ちだったのかなぁと胸が痛い。

お年寄りとの付き合い方、手を出しすぎず、フォローする。

悩んだり迷ったり喧嘩したり、いろんな葛藤があってOK!

と思うことにしよう。

 

 

カープ残念!

日本シリーズ残念でした!!

にわかファンが、テレビの前でにわか監督になり、あれこれ采配したのですが、力及ばず、ざんねん!!

今年の広島は赤!赤!赤!

熱い夏でした。

 

広告を非表示にする

プロフェッショナル

10月17日NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」でデザイナー皆川明を取り上げていた。

「プロフェッショナルとは、使命と夢が両方携えられていること、それは自分の人生の持ち時間をこえるぐらいの事ということが大事なことで、それをするときには、あきらめのスイッチを切ってしまう、そういう風にしていくこと」

聴き違っていたらすみません。こんなことを語っていた。

 

皆川さんのお洋服着てみたいわ~

歳をとってくるにつれて、どこでどんな洋服を選んだらいいのかわからなくて、お店に行って探す意欲がなくなってきた。

手持ちの服を着まわしたりして、何とか過ごしている。

流行に左右されない、着ていて気持ちがいい服が欲しい。

時間を使って、意識して、やっぱり努力して探さないといけませんね。

 

自分に「いいんじゃない?」って思えることに没頭して、普通の当たり前の日常をちゃんと送るという使命感を持って、お気に入りの洋服を着て、❝プロの自分❞・❝自分のプロ❞になりたいわ。

 

 

 

 

 

 

 

人生のツボ

今日NHKBSで再放送していた「てるてる家族」が最終回を迎えた。

これまで登場してきた人たちが全員集合で歌とダンスでお別れ。

明るい終わり方なのに最終回で涙が出るなんて、ないことだ。

 

今話題の映画「シン・ゴジラ」に出ている石原さとみや、今年結婚した上野樹里白木みのる大村崑も出演していて、登場人物みんなが主役のようなドラマだった。

 

昨日の回で、亡くなったおばあちゃんの亡霊が出てきて、「人生のツボ」の話しをしていた。

「年をとればツボも変わる、ツボは一つだけじゃない」そんな話だった。

「ツボ」は一生懸命生きてないと、きっと見つけられないよね。

 

また何年後かのオリンピックの年に再放送があるといいな。

 

 

広告を非表示にする

寒青

映画「健さん」を観た。

健さんの時計の裏側には「寒青」と彫ってあって、漢詩の言葉で冬の松の状況を表しているそうだ。

❝雪吹きすさぶ海岸に立つ一本の松❞

 

私も心のどこかでは、困難な状況の中でも春を待ち信念をもって立ち続ける、そういう気概、持ち続けていたい、そう思っている。

でも、自分や他人に甘えて、信念をどんどんまげてしまっている。

全身全霊かけては無理。

 

健さん、やっぱりかっこいい。

 

広告を非表示にする