積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

バカの壁

養老孟司著 新潮新書 2003年発行
話題になっていた頃は全く読もうという気になりませんでした。
しかし、いろいろな本で参考図書として紹介されているのを見て、これはやはり一度読んでおかねば!と思いました。
イチローの秘密」のところで、シナプスの部分をすっ飛ばすという話があります。

普通ならA→B→C→Dと進むところを、A→Dと「飛ばしている」

これを読んで、自分の思考回路を考えてみると、A→Dと直感でDをぱっと頭に浮かべても、「本当にそれでいいのか、正しいことなのか」と不安に思い、Aの周りをぐるぐる回り、納得できたらBでまたぐるぐる回り、またCで同じことを繰り返してDにいきつく。
Dという結論が頭にありながらも、逡巡する。
それは無駄な時間のようにも思うし、また検証しながら進むと考えれば、貴重な時間でもある。
しかしDという結論に自信があったら、考える時間は短くなるのだろう。


広告を非表示にする