読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

選抜高校野球 選手宣誓

 東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。
 人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくつらいことです。
 しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。
 だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。
 我々、高校球児ができること、それは、全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。
 宮城県石巻工業高校 野球部主将 阿部翔人2012年3月21日
 3月22日読売新聞より
野球部員みんなで、伝えたいメッセージをホワイトボードに書き出し、それを編集して作ったらしい。
できた後、みんなで読んで泣いたそうだ。
 ゆっくりと、はっきりと、誠実な宣誓だった。

「人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくつらいことです。」
誰のせいでもない、ただ受け止めるしかない。
この現実に押しつぶされないように日々を重ねていくしかない。