読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

中村 稔

今日の読売新聞 時代の証言者 から

〈私が手をさしだすと、彼らが遠のく、
遠のいて、透明な空の彼方から私に話しかける。
日々、私は彼らと話し合うので、私はやすらいでいる。
彼らが私に話しかけるから、私は此処に生かされている。〉
                   (「厳冬感慨」)

仲間が他界していく、そんな中で作られた作品。

「立ち去るべく定められた日に、誰もが孤独に生の終末を迎え土に還る」


自分の最後は、何もして欲しくない、自然でいたい。

広告を非表示にする