読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

原爆に関する映画を見て

今週映画館八丁座で「ヒロシマモナムール」「ひろしま」「原爆の子」と3本期間限定で上映している。

ありがたいことに、3本とも見ることができた。

3本とも1950年代の広島が映っている。私には生まれる前の広島になるが、小さい頃の記憶が少しはよみがえってきた。

「ひろしま」は、8万8千人の広島市民がエキストラとして参加している。被爆7年後、これだけの映像を撮るには、ものすごいエネルギーが必要だっただろう。よくぞ映画にしてくださったと感謝です。ずっと残してほしい映画だ。

小さいころから、身近に原爆の話は聞いていて、わかっているつもりではいる。しかし、やはり映像でしっかり見ると、話に聞くだけでは得られない、実感として感じるものがたくさんある。