読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

「マッサン」出征シーンを見ていて

今朝のNHK朝ドラ「マッサン」は大事な社員が出征していく話しだった。
私が子どもの頃出征シーンは、本当は行かせたくない、生きて帰ってほしいと願っている親や周辺の人々が、歯を食いしばって涙を隠して送り出す、というのが常だったように覚えている。そこに細かい言葉のやり取りとか少なかった気がする。
先週から今朝の展開を見ていると、戦地に行かせたくない、死んで欲しくないのに万歳で送り出してきたその過程を丁寧に表現されていると思った。
歳をとって、気がつくようになったのか、ドラマの作り方が変わってきたのか素人にはわからないけれどそんなことを考えた。
ドラマや映画で出征シーンだけを取り上げて時代を追って調べてみると面白いかも知れない。