積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

映画 単騎、千里を走る

監督チャン・イーモウ 日本編監督降旗康男 高倉健主演 「単騎、千里を走る」〜2005年 中国制作〜
なんだか不思議な感じがした。
映画なんだけど、自然な感じ。たぶん登場する人たちの表情が自然だったからだろうか。中国とか日本とか、国境を感じさせない、そこに意識をさせていない。父と子、人間の感情に目を向けさせているからだろうか。
子ども役の男の子の表情がよくて、高倉健とのかかわり方がまたいい。
雄大な自然の映像も素晴らしかった。
仮面とその下の顔。誰でも二つの顔を持っている。表情を分ける時もあれば、一致させる時もある。仮面をとって接するタイミング、時を逃さないようにしたいところです。