読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

試金石

❝灰の中   残るや 俺の     試金石❞

10年以上前、新聞の投稿欄で見つけた。

なぜだかずっと覚えている。

私の試金石は何だろう。

「試金石」とは、デジタル大辞泉によると二つ目の意味に「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」とある。

この句を見つけた当時は市民活動に参加していたので、活動を通して社会を見、自分の考え方・行動の指針にしていたところがあり、それによって自分を磨いていたところがあった。活動が私の「試金石」なのかなと思っていた。

日常生活で病気の親とのかかわりが大きくなってくると、今度はこれが私の試金石になっていた。

身近な介護生活がなくなり、さて、次の私の試金石は?

そもそも「試金石」がころころ変わっていくって、それは「試金石」じゃないんじゃない?(笑)って声が聞こえてきそうだが、自己流解釈をお許しください。

昨年一年放送大学を休学していたが、復活しようと思っている。

いよいよ介護が大変だ、こりゃ勉強している場合じゃないぞと思い、一年休学していた。

「いやー勉強しなくていいって快適だ」って最初のころ思っていたが、なんとなく寂しくなってきた。

放送大学で学ぶ」これが私の試金石として、復学しよう。

いよいよ灰の中に残るだろうか。

 

 

 

 

広告を非表示にする