積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

オバマ大統領広島訪問に関して

今朝仕事に行くのに平和公園を通った。

たくさんの人が訪れていた。

無事にオバマ大統領を迎え送ることができて、今朝は平和公園周辺緊張感が解けていた。

この日が現実になるまで、たくさんの人がいろんな努力を重ねてこられている。

約50分という短い滞在時間だったけれど、ここにくるまで71年という長い時間がかかっている。

オバマ大統領の演説は、被爆者の声を理解し反映されているように思った。

 

だけど、だけど、

私は演説を聞きながら、第三者的な感じ?と思ってしまった。

謝罪を求めているわけではない。

「あなたの解釈はおかしい」と言われるかもしれないけれど、ただ、私は「核兵器を使ったことは間違いだった」その言葉を聞きたかった。

使用した国が、「間違いだった」と言わないと、核兵器は絶対なくならないと思う。

そうでなければ、核兵器を持ち続けることに逃げ道を与え続ける気がする。

私が知らないだけで、すでにアメリカは「間違いだった」と言っているのでしょうか。