積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

寒青

映画「健さん」を観た。

健さんの時計の裏側には「寒青」と彫ってあって、漢詩の言葉で冬の松の状況を表しているそうだ。

❝雪吹きすさぶ海岸に立つ一本の松❞

 

私も心のどこかでは、困難な状況の中でも春を待ち信念をもって立ち続ける、そういう気概、持ち続けていたい、そう思っている。

でも、自分や他人に甘えて、信念をどんどんまげてしまっている。

全身全霊かけては無理。

 

健さん、やっぱりかっこいい。

 

広告を非表示にする