積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

NHKドラマ「透明なゆりかご」

この半年NHK朝ドラ「半分、青い。」は、欠かさず見続けた。

残すとこあと一週間、どんな最後になるのだろう。

TBS「義母と娘のブルース」先日最終回を迎えたが、これもずっと見ていた。

どちらも日常がドラマチックに描かれていて、展開がユニーク。おもしろかったし、グッときて泣ける場面も多々あった。

よく泣いたのは、NHK「透明なゆりかご」。

コミュニケーション下手な看護学科に通う女子高生が、産婦人科でアルバイトをする。そこで起きる出来事を描いた作品。

「コミュニケーションをとるのが下手で看護師って大丈夫?」って思うけど、主人公が成長していく姿を見ると、コミュニケーションの上手下手より大事なことがあると思わされる。

主人公を演じる清原果耶は、ドラマ主演初めてだったらしいが、この役にぴったりだった。