積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

映画「菊とギロチン」

映画「菊とギロチン

大正末期、女相撲とギロチン社の話。

これはいい映画だった。

上映時間が3時間9分。

長いのでどうしようかなと迷っていた。

今週上映が終わるそうで、今日は元気、眠くない、と思って行ってきた。

途中ここで終わってもいいんじゃない?っていうところがあったけど、見終わってみるといやいや、この長さは必要だったなと思った。

いろいろ問われる。

お前はどうだ!と。

余計な音楽がないのがいい。

潔い。

 

「強くならなきゃ変えられない」

女相撲とりの言葉。響いた。

 

もっと早く見に行けばよかった。