積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

映画「ひろしま」

10月24日NHK ETV特集「忘れられた"ひろしま"~8万8千人が演じた”あの日"~」

何年か前、この映画を見た。

あの時も思ったが、この番組を見てまたやっぱりすごい映画だ。

現在外国でこの映画の上映が広がっているそうだ。

ほんとたくさんの人に見てほしい。

この映画は、被爆投下からわずか8年後被爆地広島で、被爆した子どもたちの手記をもとに、被爆した人たちも参加して作られている。

この映画作りに参加した人たちの原動力は何だったのか。

1955年ベルリン国際映画祭長編映画賞受賞作品だというのに、なぜ大手配給会社から配給されなかったのか。

なぜいまだに核を抑止力ととらえる人たちがいるのか。

いろいろこみあげてくるものがある。

この映画は100年たってもその先も色あせない、ずっとずっと残り続けると思う。