積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

男の涙

映画「高津川」二回目見に行ってきた。

気負うことなく父に告げる息子の言葉があっての運動会のシーンや、中年男性陣の涙にやられます。

他にもあのシーン、このシーン。

 

ここで描かれている問題は日本中どこでも起こっていることで、子から親、親から子、友達同士、その家族、地域の伝統、地域の問題などなど繋いでいく覚悟、継いで行く覚悟、いろんな問題をぎゅっと美しい自然と川の流れる音をバックに描いている。

一回目と二回目の涙の印象が少し違って見えた。

二回目はストーリーが分かったうえで見ているからかな。

映像がほんときれい。

高津川に心が洗われる。