積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

覚悟がすべてだ

数日前のNHKあさイチ」で、翻訳家松岡和子さんに取材していた。

シェイクスピアの37作品の翻訳にとりかかり、もうすぐ完訳まで残り1作品になるとか。

ハムレットの中で出てくる「The readiness is all.」(覚悟がすべてだ)というセリフが、実生活で支えになったという話をされていた。

 

私がこの37作品全部読むとして、何年かかるだろう。 

今年に入って、去年古本市で見つけた井上靖著『額田女王』を読み始めている。

まぁ字が小さくて・・・、毎日同じところを読み返しまだ数ページしか進んでいない。

この調子では読み終えるのは何か月先になるか。

その後このシェイクスピア作品を読み始めるとして、一年に二冊?読めたら良しとしても、約19年??

生きてる間に読み終えられるかしらん。

 

何年後かにこのブログの振り返り記事でこのページが出てきたとき、「読んでるよ」となるか「あれ~?そんな覚悟どこいった?」となるか、覚悟がすべてだ!!