積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

脳内パカッ!

式場隆三郎 脳室反射鏡展に行ってきた。

コロナ感染拡大につき、会期が今月26日までに延長されている。

 

宣伝文句の中だったか「脳内パカッ」という言葉を見かけて、自分の縮こまった脳内を拡張させたいと思ったのだ。

 

複製だけれどゴッホの絵がずらーり!

山下清の絵も!

草間彌生の絵も!

 

ゴッホは一枚一枚が近い距離で展示してあるので、一挙に楽しめる。

山下清の貼り絵、好きだな~

ふんわり、やわらかい。

草間彌生、気が遠くなる点・点・点

 

一番心動いたのは、木喰≪葬頭河婆半跏像≫1804年の作品

「死人の衣服を剥ぎ取るとされる葬頭河婆の像」

こういうお顔の像、今まで見たことない。

「なんじゃこりゃ!」

脳内パカッ!

近くで見て迫力あった。

何とも言えない表情なのだ。

人間の心の奥底にある黒い感情か、深い情か。

ユーモラスに見える表情なのだけど、心に引っかかる。

見る人のその時の気分によってどんな風にも見えるのでは。

一生のうちでこういう像に出合えて良かった。

久しぶりにハイな気分になれる展覧会だった。