積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

日誌

暮れも押し迫ってきた。

2020年

オリンピックが開かれていた、はず!

東京へ遊びに行けていた、はず!

まさかまさかの、世界中沼にはまったみたい。

なかなかコロナ感染の沼から抜けられない。

 

この一年をどう締めくくろうか。

10年日誌をつけている。

2001年から使い始めて今2冊目。

これももう数ページを残すのみ。

2001年からの10年はほぼ毎日、今見れば丁寧に書き綴っている。

自分自身のこと家族の事、出かけた先での出来事、心に響いた言葉などなど。

2011年からの今の日誌は無記入が増え、字も雑。

後からまとめて書こうと思っても思い出せず。

 

2021年からの10年日誌を買いに行ったら同じ様式のは廃版だそうで、サイズが小さくなった。

残念。

年を取るにつれ字が大きくなってきた。

書く中身も少なくなってくるだろうし、まあいいか。

さて、どんなことがつづられていくか。

毎日の体温とか?血圧とか?