積読(つんどく)日記

本はただ机の上に積んであるだけ・・・の状態で日々過ごしています。新聞や雑誌・映画・テレビなどから、気になったことを書いています。

10年

10年

 

東日本大震災から10年

先日NHK宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」をみた。

草彅剛主演 よかった。

ドラマの中で「安定なんてない」というような会話があった。

 

ほんといつだって誰にだって何が起こるかわからない。

 

10年という年月が長いような短いような

生まれてからの10年

学生時代の10年

社会人になってから10年

あの事があってからの10年

このことがあってからの10年

みんなどこかでいろんな区切りをつけて考える

その時間があったから

何んにもしていないようで何かが熟成されていたり、昇華されていたり

まだまだそのど真ん中にいるような気がしても

その瞬間から

時は離れてきている

 

2011年1月身内がなくなった。

あれから10年

老後一緒に楽しく過ごせると思っていた。

年々寂しさが深くなってくる気がする。

 

私も気づきがいっぱいあった

今思えば・・・・がいっぱいある

 

10年を宝物の箱にして一つずつ積み上げて

見上げるか

見下ろすか

うーん

押しつぶされないように

ちょっと離れた場所において

時々眺めて

よく頑張ってきたなって

そう思えるようになるといいな